「黒」最終話更新とQ&A

2016/06/24 (金) 21:06:12
(断片的な幻想日常漫画)

本日、となりのヤングジャンプで連載している「黒」が最終回を迎えました。
約5年間、お付き合いいただきありがとうございました!

※『黒』コミックス発売(6/19)に際し、7/9より一部話数を公開制限させて頂きます。
<“となりのヤングジャンプ”公開状況>
・1~15話、40~68話、90話~163話…公開中
・16~39話、69~89話、164~198話…公開制限



:集英社 となりのヤングジャンプ
【黒】http://tonarinoyj.jp/manga/kuro/

kuro-top.jpg

さて。
「黒」について作品の補足など全くしてこなかったので、発売日前にキャラやストーリー諸々の質問等をtwitterで募ってみた所、いくつか頂きましたのでお答えしたいと思います。

●化物達が現れたきっかけは?
→化物のいる世界の解明は本題(ココとクロの日常)から離れてしまうので設定はありますが話としては省きました。そこは皆様のご想像にお任せします。

●ココは化物から出る血液(体液)も見えない?(※53-54話参照)
→見えていません。雨が当たったような感触はあります。

●クロの使う様々な「能力」は、他の化物も使えるのか?
→殆ど使えません。クロは特殊な経緯であの個体になったので幾らか特別なのです。

●クロが色を吸うことは、存在の維持のために必要?
→その描写があったエピソード時には、ある程度必要になっていました。

●「注射」を打っていないココは、今後、「化物」に対応できるのか?
→ぜひ最終回まで読んでみてください。

●終盤のシーン、化物のほうのクロは敵意があったのか?
→164-186話は特に読者に意地悪な作りになっていますが、何度か読み直していただけるとわかるヒントを沢山散りばめてあるので、読んでいる方に答えを見つけて欲しいなと思いあえてやさしくない作りにしました。わかりにくいかもしれませんが注意深く見ると、現実と精神世界の境目も、化物のクロの真意も読み取れる筈です。

●地中や空から「憑き物」が白線を越えることは可能?
→123話にあるように、可能ではあります。そして成体の「黒い化物」と違い、「憑き物」は子供であるマリアが踏み潰すことができるくらい(46話参照)力が弱く特に人の脅威にはなりません。

読み込まないと結構化物の生態がわかりにくいですね…。
話を作る時に書き留めていたメモが出てきたので貼っておきます。
seitai.jpg


★コミックス全3巻、よろしくお願いいたします!★

Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻、発売 !

2016/06/17 (金) 21:22:17
「黒」3巻、本日発売しました!


全3巻、この機会に是非お手に取って頂けると嬉しいです。

デジタル配信は(多分1ヶ月遅れ)もう少々お待ち下さい。



黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)


ーーーーーーーーーーーーー

書店特典も、併せてよろしくお願いします。

※書店特典一覧※
・以下の書店様でお買い上げ頂くと先着で特典が付きます。
kuro3tokuten.jpg

とらのあな様→クロ&ココ イラストカード

アニメイト様→クロ&ココ イラストカード(アニメイトのカード仕様?)

COMIC ZIN様→集合写真風 イラストカード

特典は数に限りがございますので店舗や在庫状況は各書店様にお問い合わせ下さい。

※『黒』コミックス発売(6/19)に際し、7/9より一部話数を公開制限させて頂きます。
<“となりのヤングジャンプ”公開状況>
・1~15話、40~68話、90話~163話…公開中
・16~39話、69~89話、164~198話…公開制限


Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 前日!【猫のこと】

2016/06/16 (木) 20:24:46
「黒」3巻発売日まで、黒に関する余談を更新中。

kuro3mini.jpg
黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)


空き時間に作った、クロの無限毛繕いです。
(使用ソフトはCLIP STUDIOの「うごくイラスト」)
kurougoku.gif


そういえばクロのモデルについて言及したことがありませんでした。
クロと見た目は違いますが、作画担当ひっしの実家の飼い猫です。

neko.jpg

意外かもしれないのがクロの「ピギャー」という鳴き声のイメージ。

この猫は甘えん坊で人の後をいつもついてきて、おしゃべり好き(何か訴えてきたり、話しかけると絶対に返事をする)なのですが、「マ"〜」「ヴア"ァ〜」「オ"ア"ァ〜」「ヴゥオア!」「ア"ッ!」という文字で表現しにくい猫らしくない妙な鳴き方をするのです。

原作担当のりが初めて目にしたときは(初見は動画、後に本物にも会っています。)変な猫だなぁと思ったものの段々と愛着が湧いてどの猫よりも可愛く思えてくる不思議…その感覚でクロの鳴き声をあのようにしました。

※『黒』コミックス発売(6/19)に際し、7/9より一部話数を公開制限させて頂きます。
<“となりのヤングジャンプ”公開状況>
・1~15話、40~68話、90話~163話…公開中
・16~39話、69~89話、164~198話…公開制限


Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 2日前!【ネームから完成原稿まで】

2016/06/15 (水) 21:03:51
「黒」3巻発売日まで、黒に関する余談を更新中。

kuro3mini.jpg
黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)

完成原稿以外のものをあまり出したがらない質なのですが、珍しく作業工程を画像で出してみたいと思います。

●昔の原稿ですが61話(2巻P009)の例●

【ネーム】担当さんに伝わるように設計図を描く
1_201606152047167bb.jpg


【下描き】コピー用紙に手書き(スキャンしてデジタル作業へ)
2_20160615204822516.jpg


【ペン入れ】「黒」の場合はほぼモノクロ原稿と同じような線が多めの描き方
3_20160615204929f75.jpg


【キャラクター色塗り】ベースの色を塗る
4.jpg


【キャラクター影塗り】立体感を出す
5.jpg


【背景まで色塗り完了】自然物の場合は線を取らず塗りだけで表現
6.jpg


【仕上げ】微修正をしてテクスチャを乗せる。
7.jpg


「黒」のカラー原稿はこのような感じでした。

ちなみに「ギリギリアウト」のカラーだと線画は少なめ細め、多少アニメ塗りを意識、仕上げはテクスチャ無し、と結構意識して印象を変えています。

Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 3日前!【3巻の表紙と書店特典】

2016/06/14 (火) 19:36:54
「黒」3巻、まだ表紙がどこにも出ていないのですがもう出してもいい頃合いでしょうか。
ということで3巻の表紙はこちらです。

kuro3.jpg

黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)

今までの表紙とイメージががらっと変わりました。
最初は黒髪にする予定でしたが、背景が白いなら髪も白にしても面白いのでは?というデザイナーさんのアドバイスにより思いきって白に。

中身は128ページの内、本文のカラーが64ページから96ページに大増量。
お値段据え置きです!

全3巻なので、この機会に是非お手に取って頂けると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーー

書店特典も、併せてよろしくお願いします。

※書店特典一覧※
・以下の書店様でお買い上げ頂くと先着で特典が付きます。
kuro3tokuten.jpg

とらのあな様→クロ&ココ イラストカード

アニメイト様→クロ&ココ イラストカード(アニメイトのカード仕様?)

COMIC ZIN様→集合写真風 イラストカード

特典は数に限りがございますので店舗や在庫状況は各書店様にお問い合わせ下さい。

Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 4日前!【名前のこと】

2016/06/13 (月) 19:49:47
「黒」3巻発売日まで、黒に関する余談を更新していきたいと思います。

blog0613.jpg

登場人物に名前をつける時は、作品ごとに何かを元にしている事が多いです。
そのため、伏線だったり意味がある…?と思われがちですが、実際は「何となくのイメージで決めただけ」。
なぜそういう名前なのか…と期待されていたら申し訳ありません。

人物像、世界観、話などはどの作品もできる限り考えて考えて作っていますが、名前に関しては苦手意識からくる考え過ぎからこのようになりました。

「黒」は誰にも指摘されなかったので一応最後に書いておきます。

正解は「ファッション雑誌名」でした。
(名前らしく略した人が多いのでわかりにくいですが男性、女性、キッズ別に割り当てています。
ファッション傾向は考慮していません。)

ちなみに周りからは食べ物の名前だと思われている事が多かったですね。

Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 5日前!【黒の発端とペンネームのこと】

2016/06/12 (日) 19:52:58
「黒」3巻発売日まで、黒に関する余談を更新していきたいと思います。

blog0612.jpg

突然ですが、ラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」を聴いていた時のこと。

「空脳アワー」という、脳がうっかり間違えたエピソードを心をざわざわさせながら楽しむコーナーに、いつだったか「愛猫が長いこと家出して、暫くして帰ってきたものの別の猫のように感じてしまうことがある。実際まぎれもなく愛猫なのに」というような投稿があって、それを聞いて、もし本当に別の猫だったら怖いよね…更に猫じゃなかったらもっとやばいね…など原稿中にのりとひっしで妄想雑談をし始めたら話が盛り上がり、あれよあれよと出来た漫画が「黒」です。

2006年につけた2人の共同ペンネーム「ソウマトウ」は深夜の馬鹿力のリスナー参加企画の音楽ユニット「変死隊」の曲名(so-ma-to)から拝借したので、組み合わせ的に馬鹿力ファン感がすさまじい作品になってしまいました。
これ、誰か気付いた人はいるのでしょうか。

今は仕事時間に合わせて昼のラジオがメインになっているので聴く事は少し減りましたが、「黒」を生み出すきっかけになった番組、というお話でした。

Trackback(-) comment(-) works

「黒」3巻発売 6日前!【連載のこと】

2016/06/11 (土) 20:47:37
「黒」3巻発売日まで、黒に関する余談を更新していきたいと思います。

blog0611.jpg

カラーイラストが苦手なため、練習、修行、と後先考えず始めた連載ですが、この作品は、今後二度とカラー漫画は描きたくない…と思うくらい全ての行程に時間と手間がかかっています。

元々は「ヤングジャンプ増刊 アオハル」自体のコンセプトが「読切」なので1巻、多くても2巻で纏めるくらいのつもりでした。
何だかんだで3巻まで来てしまいましたが、2011年から5年かかって終わりを迎えることができ、ほっとしています。

下の履歴を見ると大体連載からコミックスに纏まるまで紆余曲折あったんだろうなぁというのは察して頂けるのではないでしょうか。

・2011年05月~2012年11月
「アオブロ!」(アオハル編集部が試行錯誤で作ったブログ)連載開始
※何か1回1枚で好きなように描いて!という編集部の一言からふわっと描き始める

・2013年01月~2013年12月
「アオハルオンライン」(アオハル編集部が割としっかり作ったサイト)移籍
※別の連載が忙しく途中モノクロになり休載になったもののその後カラーに描き直して復活

・2014年01月~2016年06月
「となりのヤングジャンプ」(ヤングジャンプのwebコミックサイト)移籍
※カラーコミックスの前例がないヤングジャンプでこの連載をどういう形態でコミックスにするかを長期間話し合う

コミックス後半のモノクロ部分は、アオハル、ヤングジャンプ、ジャンプ+、となりのヤングジャンプなどでの読み切りを纏めたものです。

Trackback(-) comment(-) works